読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おだやかな暮らし

日々の備忘録。

娘1歳、毎日すくすく。

夫と娘が寝静まり、久々のブログの更新です。あれから3月末に無事に娘の誕生祝いを終え一息ついたところで、長年愛用してきたMacの調子が悪くなりとても不便な日々を過ごすことに。どうも長文はキーボードでしか打てない私…。急いで新調し、最近やっと自宅に到着。毎日撮りためている娘の写真のバックアップができていたので助かりましたが、急なことだったのでバタバタでした。

1歳を過ぎた娘は歩く気配はないものの、以前までの独特なフォームのはいはいが気づけば自然と矯正され、活発かつスピーディーにはいはいをしながら家中を移動しています。(嬉しいけれど、すばしっこくて大変…。)そして先日、保健センターで集団の歯科健診がありました。久しぶりの同じ月齢のベビーとママたちに再会。ベビーたちはそれぞれ大きく成長していて、歯がたくさん生えていたり、歩き回ったりしている子も。うちの娘は、9ヶ月に入る頃に下に2本生えた以来1歳まで生えた歯の数は0本なんですね。笑 こんなに個人差があるとは。。ただ、上に2本ちょこっとだけ顔を出しているので心配はしていません。歯の本数に合う離乳食を続けていくことが大事という指導を受けたので、しっかり噛めない娘はもう少しおかゆ生活だなぁ。

また1歳を過ぎたら予防接種5本という、娘にとってはハードなイベントもありました。すぐでなくてもいっか〜、なんて思っていたら5月の連休中に人混みへ出かけて麻疹をうつされる可能性もあるので早めに打ちに来てと小児科の先生に言われ、慌てて予約を入れて行ってきました。娘は診察室に入ると雰囲気で何をされるのか感じ取り身構えるようになってきたので、今までのように私一人で娘を抑えられるか心細くなり、ダメ元で今回は夫に協力を要請。ありがたいことに仕事の予定を調整してくれました。当日は診察のときから大泣き!夫が娘を抱きかかえて腕を押さえ、私がおもちゃであやしてその間に先生が素早く手足に打っていきます。大人が何人いても打たれる娘の痛さは一緒ですが、何より私が心強かったです。帰り道、娘は夫に抱っこされながら泣き疲れて眠ってしまいました。私は大仕事が終わった〜!と一安心。無事終わってほんと良かった…。

さて、もう4月も下旬。とても過ごしやすい季節ですね。4月前半は桜の下で腰を下ろしてお花見とまではいきませんでしたが、千鳥ヶ淵新宿御苑を三人で散歩しながら満開の桜を楽しむことができました。冬は家にこもりがちだったせいか、このところ外出したい!久しぶりに友達に会いたいな〜というポジティブな気持ちでいます。今後は平日は児童館や保育園の遊びスペースの解放日などに、どんどん娘を連れてお友達を遊ばせてみたいし、一時預かり施設にも体験で申し込んでみる予定です。これは夫からの提案で、私が体調を崩したり何かあった時に預かってくれる場所に慣れさせておくことは大切だからとのこと。本音は私の目の届くところにいて欲しいと思うのですが、ごもっともな意見。電車でそれぞれ1時間の互いの実家にいつでもすぐに頼れるとは限りません。きっと娘にとってもいつにない経験をすることになると思いますが、またそのことは後日書こうと思います。