読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おだやかな暮らし

日々の備忘録。

夏はすぐそこ。

前回のブログまでの間に何をしていたかなと思い出してみると、近所の保健センターで同じ月齢の赤ちゃんとママとの交流会へ行ってきました。先月案内のハガキがきてすぐに申し込んだのでした。私の友人には2015年生まれのお子さんが2人いて、2人とももうすぐ1才。ひとりは実家に帰省している4月に娘とはじめましてをしたのですが、やはり9ヶ月近く離れていると3月生まれの娘とは大きさがまるで違うのですね。なので、同じ月齢の子のママとのコミュニケーションはとても心強い。

当日、保健センターの広いお部屋に約20組の赤ちゃんとお母さんが集いました。マットの敷かれた床にバスタオルなどを広げ、まずは体重測定。娘は順調に大きくなっており、6キロ間近でした。その後、近所の保育園の先生がいらしてふたりでできる遊びや歌を教えてくれたり、助産師さんから産後ケアや赤ちゃんとの接し方のお話を聞けたり、区の保育所の情報やプレ保育のことを聞けたり。保育園って働くお母さんが子どもを預けるところだとばかり思っていたのですが、ママが子どもを遊びに連れて行ってそこにいるママ達とお話したりランチしたりすることもできる場所なのだと初めて知りました。頂いた案内には、申込み制のママのヨガレッスンや、工作教室、絵本の読み聞かせ、健康相談などもやっています。公園デビューなんて言葉がありましたが、盛んに子どもが遊んでる公園なんて近所にあったかな、そこに近い年の子がいなかったらどうしよう。私といっつも二人でいるのは可哀想…とぼんやり思っていたので、行き場があるんだと救われた気が。

今回一番楽しかった時間は、ざっくりエリア毎にグループ分けされたお話タイム。順番に自己紹介をして、育児の悩みや嬉しかったことなど色んなママのお話を聞けました。笑ったりうなずいたり、あっという間でした。そこで1人ご近所のママと仲良くなり、帰りに来月の保育園の赤ちゃんのふれあいタイムに一緒に参加してみようということに。初のママ友です!正直妊娠が分かったときは、今後ママ友とか付き合いが大変なんだろうなー、憂鬱。。と思っていました。でも、今のところそんな兆しはなく。近い悩みを共有できるありがたい存在なのは確か。今から深くは考えず、適度な距離を大切にお付き合いできたらと思います。

日がすっかり長くなりました。明日は夏至。今年の夏は猛暑だと聞きますが、どうなることやら。赤ちゃんって涼しい顔をしているのに、体は沢山汗をかいたりするのですね。ベビーベッド周りの暑さ対策をそろそろしなければと思っています。娘よ、頑張って産まれて初めての夏を乗り切ろう!