読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おだやかな暮らし

日々の備忘録。

安定期の旅行のこと

妊娠してからお世話になっている妊娠情報サイト。

週数毎にコンテンツが分かれていて、その時々に知っておいておきたい情報が分かりやすく書かれていて本当に助かっています。とっても便利な世の中だなぁ。安定期にもうすぐ入ろうという時、そのサイトで「旅行に行くなら安定期に入った今!」なんていう記事を見つけ、近場の温泉に行きたいなぁと思い夫に相談。妊婦さんの温泉の入り方、宿泊先への移動方法、主治医への許可は欠かさないなど注意点をくまなくチェックして私が一番こだわっていた「家族風呂」のあるホテルを2泊おさえて予約完了。

母に旅行に行く事を伝えると、何かあったらどうするの!なんて不満げ。車で移動するっていうとまたまた不満げ。遠回りしてでも、多少お金がかかっても揺れの少ない新幹線(電車だって揺れるじゃん!)で行きなさい、知り合いのお嬢さんは安定期の遠出で出血しちゃったのよなど…あぁ、話すんじゃなかった。何かあった時の為に、救急の産婦人科の病院を調べたし、スケジュールは全くタイトじゃないし、先生に相談してOKもらったし無理しないからさぁって行っても「知らないからね」なんて言われて。

いや、わかっているんです。自分勝手な行動なのかもしれないけれど。でも主治医の先生の「出血するときは、たとえ仕事をせずに家で安静にしてる人でもするんです。今のhanaiさんなら無理しなければ行っても大丈夫ですよ。」のお言葉でふっきれました。半年以上ぶりの旅行。心身共にリフレッシュしたい!せっかくの妊婦生活できる範囲で楽しまなくちゃと。

その頃はかすかに胎動を感じるようにもなって、これが胎動かぁ〜って嬉しくてくすぐったくてほんわかしていました。この旅行は、私と夫とお腹のベビさんと3人での初旅行。私が、楽しければベビさんもきっと楽しい。いい旅にしようと心に決め、前日に水天宮で旅の無事をお願いして自由気ままな温泉旅行にでかけたのでした。

幸い旅行中はトラブルに見舞われる事なく、素敵な時間を過ごせましたよ☆いいこにしていてくれたベビさんに感謝。隣で運転していてくれた夫にも感謝。ホテルもとても居心地がよく、夫がホテル周辺をジョギングしている時は私は部屋で読書&お昼寝。二人で庭をお散歩したり、近くのアウトレットでショッピングしたり、有名なベーカリーでランチをいただいたり。ベビさんが産まれたら、三人でまた行きたいなぁ。

私は自宅から近場の温泉へ出かけましたが、中には妊娠中に海外へ行かれる方もいるんですねー。さすがにそれは怖くてできなかった…。前の年に二人でハワイへ行っておいて良かった。ベビーが産まれても海外旅行はしばらく行けなそうにないですからね。